就職活動のロードマップ

就職活動

こんにちは、いもけんぴです。

私は就職活動を経て、大学院卒業後に大手製造業企業に就職しました。その時の就職活動経験をもとに就職活動についてお話しします。今回の内容が対象となるのは以下の方です。

  • 四年制大学の学部生/大学院生(公立私立問わず)
  • 高校生
  • 高専生
  • 専門学生

つまり新卒採用ということです。この点だけご了承ください。

さっそく本題ですが、就職活動のポイントは次の3つです。

  1. 自分のやりたいこと
  2. 働く環境
  3. 報酬

各ポイントについて見ていきます。

自分のやりたいこと

「自分のやりたいこと」は、仕事をする上で自分のモチベーションを維持するために非常に重要です。だって、楽しくないことは長続きしませんから。

しかし、自分のやりたいことが見つけられないという方も多くいると思います。その場合は、自分がやりたくないことのリストを作成すると効果的です。あまり深く考えずに10分程度で手帳やスマホにメモしてみてください。そして、作成したリスト毎にやりたくないと思った/感じた理由を書いていきます。この作業により、自分のやりたくないことからぼんやりとやりたいことが見えてくるはずです。

参考までに私のやりたくないリストを紹介します。

・淡々と同じ作業を繰り返す仕事→変化が少ない作業や環境が苦手
・サービス業→何か形のあるものを生み出す仕事がしたい
・BtoCの業界→普段消費者として目にするものに携わると、プライベートと仕事の区別ができなくなりそう

働く環境

ここで言う環境とは勤務地です。東京、地方都市、田舎、はたまた海外、在宅ワークという選択もあります。

勤務地がどこにあろうが、ネット環境があればたいして問題ではありません。
重視するべきは通勤時間です。

電車で往復2時間かけて通勤する人と、徒歩20分(0.33時間)で通勤する人では一生でどれだけの通勤時間の差が生まれるでしょうか?

前提:年間休日120日(年間出勤日数が245日)、勤続年数40年

電車通勤:2h/day ✕ 245days ✕ 40years = 19600h = 816.66…days
徒歩通勤:0.33h/day ✕ 245days ✕ 40years = 3266.6…h = 136.11…days

40年間勤続想定ですが、電車通勤は、徒歩通勤に比べておおよそ680日分(1.8年分)も時間をかけて通勤していることになります。

短い人生のうち1年半以上の時間を通勤時間に費やすのは、考えものですよね。
そのため、できれば勤務地の近くに住むことをおすすめします。

そして、その勤務地の近くに住み、生活を営んでいる自分を想像できるか考えてください。実際にその土地に足を運ぶことを強くオススメします。

報酬

ここでの「報酬」はお給料はもとより、やりがいという意味も含んでいます。
結局働くことの目的は、労働に対して賃金をいただくことです。

これは誰もが周知のことですが、重要なのは自分が行った労働に対して満足いく賃金が得られるかということです。

自分が行った仕事への評価つまり報酬に対して不満があると、仕事のパフォーマンスは必ず低下の一途をたどります。

逆に、評価(報酬)が充実していると、その他の多少の不満はノイズ程度にしか感じなくなります。このあたりは、就活情報サイトと実情が乖離している場合が往々にしてあるため、実際に働いている社員の声を聞きましょう。

できれば年代の異なる複数の社員からヒアリングすると正確な情報が得られると思います。

まとめ

改めて就活のポイントは次の3つです。

  1. 自分のやりたいこと
  2. 働く環境
  3. 報酬

これらの3つの軸がマッチしたところがあなたが目指すべき就職先です。
皆さまのご活躍を期待しています。就職活動頑張ってください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました